marukeiおじさんの気ままな日常

16444
シュウイツ - DON百姓 E-mail
2018/11/09 (Fri) 10:16:22
週に1or2度、車での大都会往復の車中を少しでも和やかにと
CDを買った。舟木一夫じゃ。安かったが18曲も入っとる。
車にセットして何度聞いたことか。
なんだね、大半が青春歌なのだが、あまりにも正統派過ぎて
カラオケで歌うにはチト恥ずかしいね。
♫空に向かってあげた手に若さがいっぱい飛んでいる♫
♫ぼくらフォークダンスの手を取れば甘く匂うよ黒髪が♫等々

それでも2曲秀逸な歌があった。カラオケで歌ってみたい!
「哀愁の夜」♫なんて素敵な夜だろう 星はまたたき瞳はうるむ♫
「北国の町」♫ここでさよならするけれど 明日もいい娘でいてほしい♫
この曲をリピートモードにすると大都会まで数十回聞くことになる。
亀さんが運転しながらうんざりしている。
Re: シュウイツ - marukei
2018/11/09 (Fri) 10:52:36
「哀愁の夜」「北国の町」・・・思い出せない。

青春時代の歌謡曲、marueiは守屋浩などが好きでやんす

大都会往復、大変ですが事故なきよう安全に。

昔々、コルトの中で聞きっぱなしだった”ハルミちゃん”
懐かしく思い出す、麦草峠の春でした。
オドロイタ - DON百姓 E-mail
2018/11/03 (Sat) 08:21:40
お袋が転院した。
新しい病院での療法士さんの最初の問い「お名前は」
答えを聞いて驚いた「I上TMです」なんと旧姓やないか。
お袋は22歳で結婚しているので70年前の名前じゃ。
どないになっとるんじゃ。この1ヶ月以上ずっと個室で刺激も
なく寝てたからなー。脳も働きを弱めたんじゃろう。
今度はリハビリ病院で入れ代わり立ち代わり1日3時間のリハビリがある。脳も活性してくるじゃろう。
入院書を見ながら最初の質問をした療法士さんもびっくりしたことじゃろう。
第2問の誕生日はお見事、正解でした!
Re: オドロイタ - marukei
2018/11/03 (Sat) 10:00:02
我が養母も同じでした。
昔のこと等はよく覚えています、直のことは
忘れています、心配ないでしょう、年令とともに
記憶が途切れると精神科の医者が言っていました。

医者の問、”家族は?”、隣にmarukeiがいる。
答え”息子は・・実子はいません”、唖然のmarukei。

そんなもんです、理学、作業の療法士でリハビリ。
脳の活性化のプログラムの内、きっと活性します。
タイインマヂカ - DON百姓 E-mail
2018/10/27 (Sat) 11:04:04
昨日、退院前の最終検査でMRIを撮った。
ブドウ球菌がくたばっていることが確認できれば、この病院は退院の運びとなるが、なんせベッドに寝たまま約1ヶ月で歩けない。1人でトイレに行けない。
で、今回もリハビリ病院経由となる。退院ではなくて転院です。
しかも今回の手術で頭蓋骨を一部、左1/3程度を切り取ったままなので頭部保護の為ヘッドギアをしている。
92歳のラグビー選手じゃ。
歩けるようになっても毎日の生活がおっくうだし、リスクがある。
患部の落ち着き具合を確認して人工骨を入れることになるのじゃが、また全身麻酔じゃ。
近い将来も苦しい日々が待っている。
強いお袋じゃ、耐えるのじゃぞ!
Re: タイインマヂカ - marukei
2018/10/27 (Sat) 19:12:44
強いですね!
最大限の介助、息子夫婦の見守りで幸せです!

我が養母も96歳、すこぶる元気です、妻の母は
東京で偽痛風で入院中、89歳です。

みんな強い、弱気はmarukei、どこぞの痛みの毎日でやんす。

リハビリは大切、どうか動けるようになって欲しいと願う。

介助する人たちが元気でいるようでなければいけません。

亀さん共々、ご自愛してくださりませ。
オソロシヤ - DON百姓
2018/10/25 (Thu) 09:27:10
実にオソロシヤ セイタカアワダチソウ。
畑の奥の昔からブタクサと呼んでいたセイタカアワダチソウの
ジャイアント馬場を切り倒そうと刈払機をうならせて荒地に踏
み込んだ。
木のようになってしまった野菊や縦横に這い回っている葛が行くてを阻む。
その中に馬場の子分の吉村や大木も現れて邪魔をする。
この野郎! こんちくしょう!とちょっとづつ進んでいくがなんせ手強い。
疲れちまって、馬場まで行きつけなんだ。
そして翌日、吉村と大木のたたりが! 喉が痛い、鼻はぐじゅぐじゅ。ツライつらい。花粉症じゃ。春の飲み残しの薬を飲み始めた。
ブタクサ なんちゅう恐ろしい奴じゃ!!!!!
Re: オソロシヤ - marukei
2018/10/25 (Thu) 19:37:11
挑戦したのですネ!

そうなんです、ブタクサの花粉症、我妻もそうです。
marukeiはなんともないです。

黄色い花が開く前に刈り取るのが退治の基本です。
我が家は野菜なし、従って除草剤をまいた。

ケチして100倍に薄めて蒔いた、一週間経過
ようやく枯れてきた、イネ科は元気だ、引き抜いた。

長男が大根と春菊、ラデッシュの種を蒔いて育てている。

毎朝、楽しく世話をしている、傍観のmarukeiだ。
セイタカアワダチソウ - DON百姓 E-mail
2018/10/23 (Tue) 10:10:31
手が回らず、畑の一画の作付けを三年ほど止めていた。
たった3年で見事な荒地となってしまった。
そこに今年からセイタカアワダチソウが黄んない花を咲かせ始めた。
去年までは全くなかったのにどこから飛んできたんじゃろう。
ほんで気が付いたのだが、今まで何十年とこの草を見て来たが
そないに背の高い草ではなかったが。
畑のこの草はゆうに2mは超えているまさしくセイタカじゃ。
ジャイアント馬場なみじゃね。借り倒したいが荒地の奥で近づくのも大変じゃ。でもぼちぼちやってると花が飛んでしまいそうじゃ。
ほんでもボチボチやるべい。
Re: セイタカアワダチソウ - marukei
2018/10/24 (Wed) 10:18:28
危険な外来種です、種は飛ぶ飛ぶ。

ススキも全滅すると聞いています、面倒でも駆除!
が良いようですが・・・。

雨も止んで陽射しが出てきました、今は一人です。
午後になったら森にでも行きます、歩くことしか
脳がなくなってきました、カメラの調子が悪い!!
ムカシノヒトタチ - DON百姓 E-mail
2018/10/17 (Wed) 11:23:54
marukeiさんには言っていなかったが、大男さんに連れられて昔の会社の大男さんの職場のそれも特に古い人たちの集まりに行って来た。場所は藤が丘駅裏の高架下の居酒屋。昔は床屋か寿司屋があったんではなかったかなー。
職場は違えども仕事でそれぞれ関係のあった人たちが懐かしく快く迎えて呉れた。それでもみんなわしよりも亀さんの方が懐かしいようで盛り上がった。
二次会は近くのカラオケボックス。ここは昔はジョンマンちゅう飲み屋ではなかったかなー。
「惚れた女が死んだ日は」を唄った。「何ちゅう暗い歌を!」と総スカンであった。ほんでも「また来年元気で会おうね」と別れた。違う職場であったがなんと良い人たちばかりじゃ!
翌日はこれも昔の会社の同期会、T島さんも元気じゃったよ。
二日続けての酒とカラオケ ほんまに疲れてもうた。

これから大都会の病院に行きます。
Re: ムカシノヒトタチ - marukei
2018/10/17 (Wed) 16:07:52
お気を使わせたみたいですね。
昔の仲間は本当に気の良い人達ばかりです。

藤が丘も行かなくなった、高架下の記憶は
たぶん合っていると思います。

次男の送迎や長男の状態で日々忙しい。
落ち着きたいと心から思っています。
シッカリ - DON百姓
2018/10/09 (Tue) 11:03:05
病室に戻ってきて2日、ますますしっかりしてきた。
頭蓋骨の一部がないのでヘッドギアをかぶっている。
早く死にたいとはもう言わない。
私は大丈夫だからあんたら二人でどこか遊びに行きなさいとしつこい。
元気じゃ。

畑仕事の時間が極端に限られている中で蒔いた大根(600本相
当)が芽の出たところで台風に襲われた。強風で8割方が折れ
てしまったり飛ばされてしまった。
その他、九条ネギ、チンゲン菜、コカブ、ほうれん草、小松菜
、水菜が全く芽を出さない。強雨に打たれたからだろう。
佐波賀のおやじも強雨が来ると蒔き直しじゃと言っていた。
すべて蒔き直しじゃ。恐れていたことが現実になった。
大変じゃー!
Re: シッカリ - marukei
2018/10/09 (Tue) 19:16:30
千葉では塩害で作物は全滅近いらしい、自然との戦い。
農業は大変ですネ、こちとらは買って食うだけ。
あいすみません、母上様、強いですね。

当方、長男の具合も良い方向です、何処へも気ままに
行くことは出来ませんが・・・。

自然を愛して散歩や散策、に日常の幸せを感じています。

妻の母、状態が悪そうです、東京、大田区に行く日が近そうです。
キンキュウシュジュツ - DON百姓 E-mail
2018/10/07 (Sun) 14:49:29
入院して10日過ぎたが、発熱の元が分からないでいた。
血液検査の炎症数値だけが異常値を示し続けている。
お袋は時折頭が痛いしぐさをする。2年前に硬膜下出血で開頭手術を2回しているので、頭が元だと医者に何度か言ったが、違う所を調べている。そして三日前、頭の一部が腫れて来た。
ようやく頭のMRIを撮った。硬膜と頭蓋骨の間に血か膿がたまっているという。多分、開頭手術になるので2年前の病院への転院がベストだと言う。なんと勝手なと思ったが、前の病院の手術医と話をした。やはり転院した方がよさそうだ。
そして介護タクシーで転院。担当医の見立ては細菌性の血か膿が溜まっている可能性大。今は硬膜の外側だが、最近が硬膜の下の脳に入り込むと細菌性髄膜炎を発症して大変なことになる。
一刻も早い緊急手術が必要ということで即日手術となった。
23時手術終了、脳に細菌は達してない、手術は成功だとのこと。
ただ、頭蓋骨が一部死んでおり、細菌の温床となっていたので
戻していない。予後の注意が大変だ。
今日、ICUから病室に戻ってきた。元気だ。脅威の回復力、生命力だと思う。母は強い。
それにしても前の病院の10日間はなんだったのか。そこそこ大きな都立病院だったのじゃが、病院じゃないねー、医者だねー。


Re: キンキュウシュジュツ - marukei
2018/10/07 (Sun) 15:38:51
ともかく手術成功で一安心ですね。
患者さんの最近の病歴や症状で疑うのが常識。
それも出来ないのは・・・。

転院、緊急手術、とにもかくにも良かったです。
90歳以上で体力も有る、強いですね御母上様。
サツバト - DON百姓 E-mail
2018/10/01 (Mon) 11:49:18
状況は変わらないが、田舎町に帰って来た。
で、久しぶりに亀さんとボウリング 車で出かけた。
カーブ道曲がったところで鳩が道路でなにやら夢中で啄んでいた。
鳩は逃げない、道は狭い。避けられない、鳩を跨いだ。途端に車底でゴツンと音がした。
タイヤで轢いたわけではないが、生まれて初めて車で鳥を轢いた。
スマヌ、成仏しておくれ!
ボウリングを終えて帰ろうとしたら、ガタガタする。パンクじゃ。
鳩の嘴でも刺さったか。てなことはないだろうが、つるつるのタイヤを見かねて”こら危ないよ”と教えてくれたのじゃろう。
感謝!!出費ではあったがタイヤを4本交換した。
鳩さん!これでいいやろか!!!

Re: サツバト - marukei
2018/10/01 (Mon) 19:16:50
タイヤ交換・・・鳩も成仏してくれたでしょう。
人も生き物も寿命があると思います。
人馴れ、町なれの状態も人が関わっています。

毎日の散歩、自然に生きる物たちの行動は当たり前。
それなりに・・・命を育む。

鳩さん、慣れすぎたのでしょう、たぶん成仏です。
慣れはいけませんネ、人と自然が響き合う。。なぁ~て、理想ですね、今日は暑かった。
ネッパツ - DON百姓 E-mail
2018/09/30 (Sun) 17:47:53
お袋が発熱、三日たっても下がらない。
掛りつけ医から入院を勧められ入院。
てなことで以来大都会。
入院し一週間たつが下がらない。お袋は「もう帰りたい、もう帰りたい」の繰り返し。
都度、慰めるのが私の役目。先は見通せない、どこか不安な日々が続く。
Re: ネッパツ - marukei
2018/09/30 (Sun) 19:16:47
音沙汰が無いので心配していました。

心配ですね、老齢での発熱、原因はわかりませんが心配ですね。

台風で荒れています、風で心配事を吹き飛ばせば良いのですが。

お母上もDONさんが側にいれば安心でしょう。
何事も無いないように祈ります。

外は暴風雨、今宵は眠れそうに無い。